お友達

« リストランテ プリマヴェーラさん | トップページ | 「金明」さん おり酒 試飲 »

2014年3月 1日 (土)

「ふぐでナイト」にむけ、天然トラフグ「超」大物入荷。

本日3月1日(土)の「ふぐでナイト」に備え

沼津港より天然とらふぐが入荷!

しかも3キロクラスの「超」大物!

写真

先日新聞に10キロ以上のが出てましたが

味はこちらの方が遥かに美味。

Dscn2950

尾びれがキレイなのが天然の証拠。
(養殖は狭い水槽で育てられるので共食い?してガタガタ)

残念ながら白子ではなかったですが

写真

白子だけ注文すれば1個何千円の世界。でも卵巣は食べれません。

ちょっとグロい写真でごめんなさい。

Dscn2951

アカメフグなんてのも入荷。

このフグ、私的にはトラフグの次に旨い!と思います。

スーパーで売ってるお刺身のフグは99%養殖のトラフグ。

そんなのより遥かに旨い。しかも安い。

 

そーだ。なんで「ふぐでナイト」なの?って県の職員さんに聞かれました。

「肉の渡辺商店さん」の「にくバル」と同時開催の意味は勿論ですが

実は遠州灘はじめ駿河湾だって静岡県でもフグはいるんです。

でも今までは下関に持っていって「下関のふぐ」として高値に。

しかも、冬の時期沼津とかではトロールと言われる漁もあるので

色々なフグがあがる時もあります。

しかし、免許がある人しかおろせない=買えない。から

市場でも敵が少ない=安く競り落とせる場合が多い。のです。

先程も言いましたが、スーパーで売ってる刺身のフグは99%養殖のトラフグです。

しかも「下が透けるように薄くひいて」ありますよね。

そんなもの食べたって味なんかある訳ありません。

ポンズと食べたらポンズの味しかしないはずです。

営業的に枚数を増やす=原価率をいかに下げるか。だけです。

当店はわざと少し「厚めに」ひきます。だってその方が絶対旨いから。

勿論、豊後か淡路などの「たちのいい」天然のトラフグを超・薄切りにして

長嶋監督みたいに「ガー」っと何枚かまとめて食べるのが最高です。

でもそれでは「何万円」もかかります。

それは師匠の店、沼津の「まきじ」さんに行ってやって下さい。

御殿場ではそんなことやっても誰も来ません。

あれ?これフェイスブックでなくブログだっけ?
いかん。また書き過ぎた。同業者の皆さん「話半分」で聞いてね。

とにかく「ふぐでナイト」絶対お得です。

しかも日本、いや世界に22人しかいない名誉利酒師

(世界利酒師選手権・関東地区予選・決勝にも進めず完敗。)

が選んだ地酒も格安で。是非お待ちしております。

Dscn2953

ハイ!今、ふぐと眼が合った人。必ず来て下さい。

来れば必ず3月はイイ事ありますよ。

Photo

« リストランテ プリマヴェーラさん | トップページ | 「金明」さん おり酒 試飲 »

メニュー」カテゴリの記事

③営業日記」カテゴリの記事

入荷状況」カテゴリの記事

⑤新店舗への道」カテゴリの記事

②しずおか地酒」カテゴリの記事

①地元のF1食材」カテゴリの記事

ふぐ」カテゴリの記事

ふじのくに食の都仕事人」カテゴリの記事

⑥新店舗の秘密?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ふぐでナイト」にむけ、天然トラフグ「超」大物入荷。:

« リストランテ プリマヴェーラさん | トップページ | 「金明」さん おり酒 試飲 »