お友達

« 「お米日本一コンテスト」2013 | トップページ | 「国香」さん誉富士純米 試飲 »

2013年12月 1日 (日)

「お米日本一コンテスト」2013 その2

Dscn2101 

「お米日本一コンテスト」2013

Dscn2110

群馬県みなかみ町水月夜生産組合の林正輝さんが

見事日本一に輝きました。

Dscn2103

最終審査に残ったベスト30を審査員15人で

予選から準決勝まで食べ比べ

決勝はベスト6を食べ比べるのですが

当然ながら「みーんな美味しいご飯」(さらに9割がコシヒカリ)ばかり。

しかも私以外は穀物検定協会員や食味鑑定士、お米マイスターなど

いわばプロばかり。そのなかで、唯一「素人」の私は

今回は、思いっきり楽しんじゃいました。

だって、これだけ美味しい御飯を食べる機会もそうはありませんから。

本当に勉強になります。

これがまた、いかにもボンクラな私でも

審査員などという場違いな役を何度かやらせていただくと、

何となく判ってくるんですねぇ。

『あ、これは…』なんて。

Dscn2104

今回の最終審査も6点のうち、2点が図抜けた印象がしました。

私が採点表に書いたコメントが

1位「キレイな形、程よい硬さ、甘み・粘り、全てにバランス良い。

   バランス感で頭一つ抜けている」

2位「形・香り・硬さ、素晴らしい。粘り強く美味しい。

   1位とは好みの差」

『お~。審査員みたい。あ、審査員か。』

結果は2位に評価したお米が日本一。

1位にしたお米が2番目の得点でした。

『なんだ。なかなかやるじゃないの~。』

(誰も誉めてくれないので自画自賛。)

昔、清水のS先生に言われた言葉。

『自営業は誰も誉めてくれません。

自慢では無く、自信を持ちましょう。』

Dscn2098

当日は、元・審査員仲間?の「ゆとり庵」のご主人、植田さんが

「ごはんの炊き方講座」をしていました。

こちらのご主人は有名な「ご飯炊きの名人」ですし

私は本当に審査員などという身分でもないので

ベッタリとこちらの講座に張り付いていたかったです。

しかも司会はやはり元・審査員仲間で、静岡の地酒でもお友達の

フリーアナウンサーの神田えり子さんでは無いですか。

Dscn2089

別のブースでは「誉富士」で有名な宮田さんの、お姿も。

他にも戸田塩や御飯に合うつまみの数々

Dscn2090

話題の「橘(たちばな)」なんてのも初めて実物を見ました。

 

「お米日本一コンテスト」IN静岡。 

自分が参加しといて言うのもバカみたいですが

なんて素敵なイベントなんでしょう。

しかも初めての東部(沼津)開催。

でも、このイベントを何人の方が知っていたでしょう。

御殿場からだって、生産者やJAなどの関係者以外は

お米やさんでさえ、お米の専門店ナツガの夏賀さん

以外の姿は見えなかったように感じました。

勿体無い。実にもったいない。 

同じ沼津で行われる「静岡地酒まつり」なんかは

800人から900人位のチケットが売れているはず。

私・的にはそれ以上の資質や可能性を感じます。

それだけのモノ、それだけの人物が集まっています。

 

12月には「和食」が世界遺産に認定されます。

富士山も勿論、世界遺産に。

日本で一番ご飯を食べ、お茶を飲む県、静岡県。

食材の豊富さ、豊かさも間違いなく日本一。

もう理屈こねてる場合ではありません

確実に風は吹いています。

私が以前、SBS学苑1日講座で「世界に誇れる地元食材…」

なんて名打ってやったら、笑っていた同業者の方もいました。

『なにが世界だ…』と。

笑ってる場合では無いのですよ。

マジですよ!マジ!!

ある別・地域の同業者の方に言われました

あんたらは「宝の山の上に座ってるコジキだ!」と。

宝は自分の真下にあるのですよ。

やるしかないでしょう。

『知らざあ言って聞かせやしょう!!』

« 「お米日本一コンテスト」2013 | トップページ | 「国香」さん誉富士純米 試飲 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

お米」カテゴリの記事

食べ歩き」カテゴリの記事

③営業日記」カテゴリの記事

④まだまだ研鑚中…」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

御殿場」カテゴリの記事

お酒いろいろ」カテゴリの記事

②しずおか地酒」カテゴリの記事

①地元のF1食材」カテゴリの記事

ふじのくに食の都仕事人」カテゴリの記事

⑥新店舗の秘密?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「お米日本一コンテスト」2013 その2:

« 「お米日本一コンテスト」2013 | トップページ | 「国香」さん誉富士純米 試飲 »