お友達

« 「英君」さんひやおろし 試飲 | トップページ | 手取川 秋純米 試飲 »

2013年10月 5日 (土)

長良川の料亭「きんか」さんで快楽亭ブラック師匠の落語会!

私の親友!?のお店でもある、長良川の名・料亭「きんか」さんで、

なんと快楽亭ブラック師匠の落語会

今度の日曜日10月6日に開かれます。

まだお席があるそうです。お近くの方、ご興味のある方

よろしければ是非!!
お申し込みは「長良川おんぱく」ホームぺジまで

参加費 予約 2,500円 / 当日 2,800円
※打ち上げまで参加の場合は 7,000円(食事・飲物込)、
http://nagaragawa.onpaku.asia/
写真: 大好評の長良川おんぱく
 いよいよ今度の日曜日10月6日には「料理旅館きんか」にて快楽亭ブラック師匠の落語会を17:00より開催いたします。
今回は、残念ながら昨年開催時よりもお申込が少ないです。
そのため、ゆったりと楽しんで頂ける思いますので、ぜひぜひお誘い合わせのうえお越しください。
 
おそらく、今回で最後の開催!
 
よろしければ是非!!
お申し込みは「長良川おんぱく」ホームぺジよりお願いいたします。

参加費 予約 2,500円 / 当日 2,800円
※打ち上げまで参加の場合は 7,000円(食事・飲物込)、
 http://nagaragawa.onpaku.asia/
 
孤高の落語家快楽亭ブラックが長良川おんぱくで毒演会!過激発言を連発するネタにファンも多いが敵も多く、出入り禁止になった寄席は数知れずの放送禁止落語が、普段お堅いと思われている、料亭「きんか」で巻き起こされる。毒落語や下ネタで知られる快楽亭ブラックは、古典落語も名人芸。師匠の立川談志没後、著書『立川談志の正体』がベストセラーに。またブラック師の友人であった、中村勘三郎丈に捧げる「文七元結」にて文化庁芸術祭受賞(近日受賞予定!?)還暦をすぎ一層精力的に多方面に活動の幅を広げている。
 

【快楽亭ブラック】
 69年、立川談志門下に入門。92年、二代目快楽亭ブラックを襲名して真打昇進。00年、芸術祭優秀賞受賞。最近あの壇蜜に「心の師はブラック師匠です。」と発言され注目される。噺家ながら、映画評論家、歌舞伎評論家、映画監督、風俗体験リポーター等、様々な顔を持つという快楽亭ブラック師匠のファンであるきんかの若旦那の達ての願いにより、実は洒落のわかる「きんか」にて毒演会開催決定。

孤高の落語家快楽亭ブラックが長良川おんぱくで毒演会!過激発言を連発するネタにファンも多いが敵も多く、出入り禁止になった寄席は数知れずの放送禁止落語が、普段お堅いと思われている、料亭「きんか」で巻き起こされる。毒落語や下ネタで知られる快楽亭ブラックは、古典落語も名人芸。師匠の立川談志没後、著書『立川談志の正体』がベストセラーに。またブラック師の友人であった、中村勘三郎丈に捧げる「文七元結」にて文化庁芸術祭受賞(近日受賞予定!?)還暦をすぎ一層精力的に多方面に活動の幅を広げている。


【快楽亭ブラック】
69年、立川談志門下に入門。92年、二代目快楽亭ブラックを襲名して真打昇進。00年、芸術祭優秀賞受賞。最近あの壇蜜に「心の師はブラック師匠です。」と発言され注目される。噺家ながら、映画評論家、歌舞伎評論家、映画監督、風俗体験リポーター等、様々な顔を持つという快楽亭ブラック師匠のファンであるきんかの若旦那の達ての願いにより、実は洒落のわかる「きんか」にて毒演会開催決定。もっと見る

« 「英君」さんひやおろし 試飲 | トップページ | 手取川 秋純米 試飲 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

食べ歩き」カテゴリの記事

談志師匠」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長良川の料亭「きんか」さんで快楽亭ブラック師匠の落語会!:

« 「英君」さんひやおろし 試飲 | トップページ | 手取川 秋純米 試飲 »