お友達

« 「正雪」さん純米吟醸愛山 試飲 | トップページ | ベタだけど来てね »

2013年5月13日 (月)

「憧れの」ビオスさんへ…。

先日、久々に「憧れの」

  Dscn0733

レストラン・ビオスhttp://bio-s.net/index.htmlさんへ伺いました。

行く前の晩からワクワクするレストランって、

近くに何軒あります?

以前も書きましたが、もし「ミシュラン静岡版」が出来たら

本当の意味での☆☆☆は

静岡県東部ではここ一軒だけかも…。

なーんて言ったらまた怒られますね。

とにかく「憧れの」レストランです。

Dscn0735

「2種のダイコンと功刀さん3年物ニジマスのコンフィのサラダ

ニジマスの絶妙な火の通しも見事ですが

ダイコンとリーフレタスまで丸くくり抜いた仕事に

思わず「20年位前の、ロブションのトリュフのガレットを思い出しました」

なんて「判ったように」松木さんにホザイてしまいました。

「あの」松木さんに、素人が何言ってんだか。

きっと心の中で笑われているでしょう。

Dscn0737

「大浦ゴボウのボロネーゼ 富士の鶏」

確かに鶏のボロネーゼなのですが

明らかに「ゴボウが主役」です。

Dscn0740

「姫神芋と芝川のタケノコのコンソメ 山椒の香り」

今が旬のスナップエンドウを

こう盛り付ける発想は、私にはありませんでした。(無知)

勉強になりました。

姫神芋はまさに山芋そのものの食感。

良質なタケノコや木の芽もさることながら

「あえて?」熱々で無い、繊細な提供温度。

私にはまだまだ「難しい一皿」でした。

Dscn0741

そして「衝撃の一皿」

「間引きニンジンと茎ブロコッリーのエチュベ 麦豚のグリエ」です。

ニンジンやブロッコリー、カブなどの

「大地を感じる」素材の旨さは(=まさにテロワール!)勿論のこと

『圧倒的美味さ』なのが麦豚!

確かに麦などの「穀物を食べているだろう」個体の肉質を感じます。

 

1月に食べた「次郎」さんの蛸のお寿司を思い出しました。

(「甲殻類を食べているだろう」味が確かにしました。)

何という『圧倒的美味さ!』充実した味。

ただ身が締まってるだけで無く

噛むことに「ジューシー感」を感じます。

心から「う、旨いなぁ~」思わず唸ります。

 

しっかし「野菜で有名」な松木さんのお店に来て

いつも驚くのが「肉の美味さ。」

これって『マツキ・マジック』なのかしら…。

以前いただいた「岡村牛の赤身」しかり

ジビエの猪しかり、ピジョン(鳩)しかり。

いや、「野菜あっての肉」なのかしら…。

 

思わずご本人に

『意識してやってるのですか?』と伺ってみたら

『ニヤリ』として教えてくれませんでした。

 

Dscn0743

「大浦ゴボウのティラミス」も上品でした。

 

  Dscn0734

「泡立ちの良い」シャンパンも

(ああ、いつか本当にシャンパンの味が判る大人になりたい…)

Dscn0739

ピノノアールも美味しかった。

Dscn0746

「今年一番美味しい食事」でした。

レストランって、

本当に癒される効果があるのですね。

« 「正雪」さん純米吟醸愛山 試飲 | トップページ | ベタだけど来てね »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

食べ歩き」カテゴリの記事

④まだまだ研鑚中…」カテゴリの記事

⑤新店舗への道」カテゴリの記事

①地元のF1食材」カテゴリの記事

ふじのくに食の都仕事人」カテゴリの記事

⑥新店舗の秘密?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「憧れの」ビオスさんへ…。:

« 「正雪」さん純米吟醸愛山 試飲 | トップページ | ベタだけど来てね »