お友達

« 「静岡県地酒まつりIN沼津」 その1 | トップページ | 「れい泉」さんひやおろし試飲 »

2012年10月 5日 (金)

「静岡県地酒まつりIN沼津」 その②

 

Cimg5980

今回の地酒まつりも大変盛況でした。

このようなイベントを開いてくれた関係者の皆様に

心から、素直に感謝したいと思います。

 

そしてキラ星のごとく、本当に美味しい蔵元さんが並ぶなか

驚いたのがこれ。

Cimg5974

おお、これが「噂の」純米生もとの「樽酒のお燗」か。

しっかし、数あるユニークなアイテムを持ちながら

「コレ」を出してくるとは…。さすが白隠さんですねぇ。

いやぁ~何杯でも飲んじゃいそう。

いかんいかん。「飲み会」ではありません。

Cimg5970
昔からお知り合いの蔵人さんのいる

「富士正」さんにも驚きました。

ブースの中に、女優さんのような綺麗なオネエサンと

ドラマ「闇金ウシジマ君」の主演俳優そっくりのオニイサンが。

ここは芸能関係?

って処に驚いたんじゃなくて

ラベルも味も、まったく変わっていた事です。

聞けば蔵の場所も変わったそうです。

ホラみろ!。日頃、静岡県の地酒に関して

「判ったような事」書いていても

『何にも知らない』じゃないか!!

と、言われてもしょうがないですね。

 

なんて言いながら、一番印象に残ったのが

Cimg5967

我が街、御殿場にある唯一の蔵元


Cimg5968

「金明」さんです。

地元だから「ひいき目」に見てるんだろう…。

と、言われるかもしれませんが

本当に「純粋に」「ただの酒好き」として飲んでみても

「美味しい」と思います。

何が良いんだ!?といわれて、一言で言えば

「とてもバランスが良い」んです。

 
また、理屈っぽい事、書き始めますが

地元の人は、殆ど知らないと思います。

御殿場に素晴らしいお酒がある事を。

数年前から市外のお酒の会に出る度に、感じるのが

皮肉な事に?「金明」さんの素晴らしさ。

『あー知ってるよ。昔飲んだ事あるよ。』

違います。今や「 全国的人気銘柄」、沼津の白隠さんもそうですが

金明さんだって「全国レベル」のお酒です。

 

さらに、悲しい事に、私の見た感じでは

御殿場の「業界関係」で今回の会に限らず

「近隣の」酒の会に出てくるのは

ヤキットリア稲穂さんさん、くらいしかお会いしません。

さすが、今「一番の人気店」だな。

相変わらずセンスがいいけど頭もいい、「嫌な奴」だ。

 

今回「数少ない」当店のファンの声もあって

来年「必ず」金明さんと「オール御殿場」で酒の会開きます。

10年位前から思ってきたけど、あえて「断言」しておきます。

(あ、その前に「白隠」さんともやりたいし、SBS学苑の方も…)

 

そんなこんなで「大盛況」のうちに

会はお開きになり、各自二次会へ。

 

しっかし700人以上の参加者が「時間が許す限り」

沼津の街中に解き放たれる訳だから

一晩、いや「数時間」でどれだけの「経済効果」があるでしょうか。

今、各地で行われてる「BAL」に異論を挟む訳ではありませんが

あれって結構「店側」の負担が大きいんですよね。

静岡市内の知り合いのお店では、当日「数百人」もの

「知らないお客様」が押し寄せたものの

その後、店する人は「数人」もいない。とのこと。

「安くて何軒も飲める」って気持ちも判るけど

本当の「酒好き」になってくれれば

たとえ、どんなに遠くても必ずもう一度行きますよね。

(事実、我々もこのあと終電を「余裕」で乗り過ごすであった…)

Cimg5946

って、ことで?二次会はやはり沼津の人気店「蓮」さんへ。

昼間お会いして『5人位で行きまーす!』って軽い感じで言ったら

「なぜか」10人で伺うことに。

 

しっかし京都の時もそうだったけど

「持ってる男」って凄いのね。「自然に」人が集まってくる。

チクショー本当に「嫌な奴」だなぁ。って誰の事?

「持って無い」私は何処に行っても嫌われてばかり。




そして沼津の夜は更けていく…
Cimg5989
「肖像権」?の関係もあるし

「名誉毀損」で訴えられるといけないので

Cimg5982

とてもボカシ無しでは載せられません。

(削除依頼、連絡下さい)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Cimg5992_2
あれ?山ピーが。

« 「静岡県地酒まつりIN沼津」 その1 | トップページ | 「れい泉」さんひやおろし試飲 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

食べ歩き」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

御殿場」カテゴリの記事

お酒いろいろ」カテゴリの記事

②しずおか地酒」カテゴリの記事

①地元のF1食材」カテゴリの記事

ふじのくに食の都仕事人」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
この地酒まつりで名刺を頂いた、富士正酒造の佐野です。
ブースに来て下さり、ありがとうございました♪
頂いたお名刺に、ブログが載っていたので、早速見させてもらいました。
吉田さんにも、お伝えしましたよ!喜んでいましたし、
うちのお酒がもっと美味しくなったら、飲んでくれや♪と言っていました。
今度、お店にも伺わせてください(*^-^)
ありがとうございました(^^)

富士正酒造、佐野様。コメントありがとうございました。
たぶん「女優さん」の方ですよね(笑)
吉田さんには何度も来店してご指導して頂きました。
でも知り合ったのが京都の先斗町のお店という奇妙な縁なんです。
是非宜しくお伝え下さい。
富士正さん今でも充分美味しいと思います。
私は「げんこつ」なんて大好きです。
今後も末永くお付き合い下さいませ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「静岡県地酒まつりIN沼津」 その②:

« 「静岡県地酒まつりIN沼津」 その1 | トップページ | 「れい泉」さんひやおろし試飲 »