お友達

« みんな「大人」になっていく…。 | トップページ | 「親分」と呼べる「男」 »

2010年1月 7日 (木)

ビックリした!?お蕎麦やさんの話

全くミーハーな話?ですが、大昔(20年位前)蕎麦の名店と言われる処を何軒か食べ歩きました。特に東京にいた頃は、山本益博氏を「敬愛」していたので、「砂場系」「藪系」「一茶庵系」なんて系統だてて各店に行き、「判ったフリ」したりして。

あの「翁」なんて、確か椎名町?とかっていう小さな駅の近くにあったような…。(確かお休みで食べれなかった)

1番印象に残っているのが浅草橋駅近くにあった「納札亭六輔」という店。当時山本氏が激賞していたので行ったのですが、そば一枚2500円!という値段もさる事ながら、店主の個性にビックリしました。

最初に『あんた今まで何処の蕎麦が旨いと思った?』と聞かれたので、思わず何軒か店名を出したらもう「コテンパン」です。

客が席に着いてから蕎麦を打ちだすのですが、出来上がるまでの30分以上、これでもかと「ご指導」してくれました。

確かに「最高の素材」で、繋ぎを「水以外」一切使わず、目の前で打ち立て・茹でたてで出された蕎麦は、恐らく「生涯で最高」の味だったのでしょうが、散々説教された後なので、「なんの味も」しませんでした。

店の中にフランスの名醸ワインの「空瓶」がいっぱいありました。

« みんな「大人」になっていく…。 | トップページ | 「親分」と呼べる「男」 »

食べ歩き」カテゴリの記事

コメント

深い…。

店主がお客様に説教たれるというのは、どう贔屓目に見ても間違っています(キッパリ)
私達はお客様には美味しさ以前に心地よさを提供するもんです・・・と、これも説教かも(汗)

な、なんと!尊敬する「板前」様からのコメント、光栄であります。
今は営業していないお店の事なので、つい書きすぎてしまったかもしれません。
これからも末長くご指導下さい…。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビックリした!?お蕎麦やさんの話:

« みんな「大人」になっていく…。 | トップページ | 「親分」と呼べる「男」 »